「人身売買をなくすためのセックスワーカーの組織化、当事者参画、コミュニティ構築、労働状況」(GAATW2018調査報告書日本語版)を発行しました

子どもと女性の人身売買禁止ネットワーク(GAATW:Global Alliance Against Traffic in Women)の2018年調査報告書“Sex Workers Organising for Change: Self-representation, community mobilisation, and working conditions” (全306頁)の日本語版、「人身売買をなくすためのセックスワーカーの組織化:当事者参画、コミュニティ構築、労働状況」をリリースしました!

このGAATW調査報告書は、カナダ、メキシコ、スペイン、南アフリカ、インド、タイ、ニュージーランドの7カ国のセックスワーカー団体と共にGAATWが実施した調査に基づいています。
この報告書では、セックスワーカーが劣悪な条件下で働かされたり、搾取目的での暴力や詐欺の被害に遭う状況・問題を解決するために、セックスワーカーコミュニティがどのように解決してきたかが書かれています。例えば、他の関連団体へアドバイスしたり、売春宿のオーナー/ママとの交渉や、地域外に出たポン引きの追跡、被害女性が故郷の家に帰るための資金を集める等、様々なレベルのグッドプラクティスについてです。

今後、報告書の内容解説と紹介をするオンラインイベントや勉強会を重ねていきます。
こちらの勉強会開催は無料でさせて頂きますので、開催してほしい団体や学生のグループなどいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。少人数からでもOKです。

英語版その他の言語はこちら